M&Aで事業を拡大する中小企業にとって、税務リスクを把握し、利益を最大限に享受するためには、税務専門家の関与が必要です。
日常の税務の問題からM&Aなど複雑な取引に関する税務の問題など、気になることがあれば何でもご相談ください。

大塚税理士事務所では、10年以上にわたるM&Aに関する税務アドバイスの実績を経験を基に、個人事務所ならではのスピード感と柔軟性で、
M&Aを行う企業に対して最適な税務ストラクチャーのご提案や、税務デューデリジェンス業務を実施しております。
また、日常の顧問業務から国際税務に関するアドバイスまで、幅広い業務提供を致します。

SERVICE事業領域

ABOUT大塚税理士事務所

外国人技能実習制度

大企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業にとっても、
M&Aにおける税務上の観点からの検討は非常に重要です。
税務リスクを軽減し、利益を最大限に享受するためには、
M&Aの経験豊富な税務専門家の関与が必要です。

M&Aには様々な手法があり、株式譲渡・合併・会社分割・事業譲渡・株式交換・株式移転・現物出資など、複数の選択肢の中から最適な手法を選択するためには、 各手法における各関係者(売り手・買い手・売り手の株主など)の課税関係を整理し、メリット・デメリットを理解したうえで、最適な手法を選択する必要があります。
また、対象会社に対する税務デューデリジェンスの実施により、対象会社に重要な潜在的租税債務リスクが発見された場合は、そのリスクを承継しないストラクチャーの検討や、契約上の対応も必要です。
大塚税理士事務所は、10年以上のM&A業務に関与した実績と経験を基に、個人事務所ならではのスピード感や柔軟性で、クライアントに最適なアドバイスができることを目指します。
また、M&A業務だけではなく、日常の顧問業務から国際税務に関するアドバイスまで、クライアントのニーズに即した幅広い業務提供を致します。

大塚税理士事務所

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-7-3ヴェラハイツ新宿御苑706

TEL : 03-6384-1661
FAX:03-3341-4361

MORE INFO